So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.05.22 (日) [日 記]

RIMG0114.JPG
RIMG0117.JPG
RIMG0119.JPG
RIMG0122.JPG
RIMG0120.JPG
RIMG0124.JPG
RIMG0125.JPG
RIMG0126.JPG

このところ、ほんの少し早く帰れる日があり

そんな日には、少し暮れかかったきれいな空がみられる。

もう少し暑くなる頃には、コウモリがひらひらと飛んでいるのもみられる。

RIMG0128.JPG
RIMG0132.JPG
RIMG0133.JPG
RIMG0135.JPG

医者に行っていないのでよくわからないが、

椅子に座りっぱなしでも

曲げた状態で固まったように立つ時に激痛がある。

ただ、足首をまわしても痛くはない。

原因不明のひざの痛みとふくらはぎがつった後のような痛みのきついくらいの痛みで

寝返りをうつと痛みで目が覚めてしまったり、寝付けずにいたので

この一週間くらいは特にP のない時には、

食後にパソコンの前で寝入ってしまうことが多く

いろいろと進んでいません..... 本当にごめんなさい。

RIMG0136.JPG
RIMG0139.JPG
RIMG0140.JPG
RIMG0143.JPG
RIMG0145.JPG
遠くに月..... 
月はいつ見ても本当にきれいだね。
RIMG0157.JPG
↑ 昨日までは、行く気でいたけれど
かなり混んでいるらしいので
見えるところに行きたい、ないしは座っていられるように
そう考えるとかなり前に並ぶしかないだろう、
そう思って 100均で折りたたみの小さな椅子も買った。
しかし、待ち時間も入れると4時間以上立ちっぱなしかと思うと
自信がなくなってしまった。 残念だ...
特に痛み出した後の階段の上り下りは本当に痛いので
いろいろとためらうことが多い。
火曜日に休めることになったので

東京都現代美術館に行ってこようと思う。

しかし、いろいろと作業ができずにいるのは、本当にすみません。

RIMG0148.JPG



共通テーマ:blog

2016.01.07 (木) [日 記]

RIMG0259.JPG

よくわからないが、こんな物が売っていたので買ってみました。

かわいくて きれいでした。

RIMG0256.JPG

 買うよりも自分で摘んだ物の方がいいんだろうなぁと思いつつ.....

RIMG0262.JPG

もともと お粥は好きなのだけど、

初七草粥を作って食べました。

RIMG0263.JPG

 まぁ、草のお粥ですね・笑

RIMG0265.JPG

どうしても 卵を入れたくなります。

からあげの黒酢あんかけと茎わかめのお惣菜を買ってきて

おかずにしました。

お粥だけでは、たりないのです、意味ないか....



共通テーマ:blog

2016.01.01 (金) [日 記]

RIMG0236.JPG

さて、新年明けてお抹茶をいただきます。

RIMG0238.JPG

本当だったら、濾すものがあればいいのですがないので

RIMG0239.JPG

茶筅ですこしほぐしてしまいます・笑

 ・

RIMG0240.JPG

待望の錦玉子と一緒に

RIMG0242.JPG

とはいえ、わしの好きなのはもうすこし黄身も白身も粗くなっているもの。

今年は、早めに買いに行こう.... 新年の抱負。

RIMG0246.JPG

そして、初日の出、

ベージュというか、クリーム色というか

陽を透かして 黄金色になる感じはいいっすねぇ。

新品にしてよかった。



共通テーマ:blog

2015.10.04 (日) 火葬.... [日 記]

なんとも この季節にしては暑い日だ。

はじめに用意してあった服はどうにも暑くて

結局、本当に普段着になってしまった・笑。

頼んであった花を受取りに行った。

思いのほか、少なく感じたので 駅前の小さな花屋で

薄いピンクのカーネーションを20本ほど買い足した。

実物を写真にとって置けなかったので 

ほぼ同じものを別から拝借してみました。

yjimage4SMY2PI5.jpg yjimage3W0FSU36.jpg

yjimage6Z9GEXRB.jpg yjimageNABMDQCK.jpg

yjimageGBUID7O1.jpgyjimagePGJQPX7U.jpg

yjimageXT0K6OYS.jpg yjimageOEYBNG6P.jpg

yjimageBEEJKZ7X.jpg 2.jpg

こんな花を買っていった。

淡い色の明るい感じにしたかったので 菊とかにはしなかった。

花を頼んだ後に スーパーに行ったら

葡萄やリンゴ、梨に柿と 果物がたくさん売っていて

『佳子は、果物好きだったな、果物なら燃えるから良いかな』

と、あほなことを考えて 葡萄を手にするも

『そっか、墓参りの時にお供えすれば良いのか』と、やめておいた。

弟夫婦と臨海斎場へ行く、妹夫婦は父と自分たちの子供とで自動車。

私たちは、モノレールに乗った。

RIMG0019.JPG

駅に着くと昼だったので 本当に暑かった。

RIMG0022.JPG

RIMG0026.JPG

RIMG0033.JPG

RIMG0035.JPG

RIMG0037.JPG

RIMG0040.JPG

RIMG0044.JPG

RIMG0046.JPG

 これが、買っていったカーネーション。

弟夫婦は、トイで着替える。 妹たちを待っている間のなんとも違和感。

意外と悲痛な雰囲気や泣いている雰囲気はなく、

とても静かで 厳かな感じだった。

RIMG0047.JPG

花をみんなで棺に入れる。

さしの入ったバラは、大降りのもので5本しかなかったけれど

顔の周りに配置、かなりいい香りがしていて うれしくなる。

葬儀社の人が、「バラは、とげがあるので花だけにしますか」と

花の頭だけにしてくれたのは、感謝だ。

もっともっと、花を用意して置けばよかったなぁとも思った。

本当にきれいだった。

私も あんなきれいな顔で逝きたいと思った。

本当のところは、写真に撮りたかった。

母とお別れできずにいた人たちのために.....

火葬場へと棺は電動の荷台に載せられていく。

そのあとを親族がついていく。

1時間くらいすると呼ばれた。

「ご確認をされる方」といわれ、よくわからないがついていくと

「お名前のご確認をお願いします」といわれた。

薄っすらと見えにくい「宮崎佳子」の文字にうなづくと心の準備もなく、

火葬場の小さな扉が開き、骨となった母が出てきた。

この時、一人で確認するのはきつかったなぁ。

ていうか、本人かどうかなんでわかるわけないだろ。

かなりの熱でまだまだ熱かった。

小さな火の粉が、転々と赤く光っていた。

灰もあったのでまるで骨がほとんどないように見えた。

奥のほうに頭蓋骨がやや目立って残っていた。

大昔、祖父や祖母の時には、そのまま骨を拾ったように思えたけれど、

今回は灰をきれいに除かれ、

骨だけをそれこそオードブルの入っているような

平たい銀製のものに入れられていて銀の重そうなふたを開けると

母が、真っ白な骨になっていた。

まだまだ、成り立てなのか少々震える手でぎこちなく

その人は、私たちが骨壷に骨を入れると

刷毛で端までも掃いて小さな銀色の塵取りで掃いては取りを繰り返す。

それは、ほぼお手前のように見えた。

この人たちも 大変な仕事をしているんだなぁと思った。

RIMG0048.JPG

そして、母の骨壷は妹夫婦が車で自宅へ。

私と弟夫婦は、またまたモノレールに乗る。

安い費用だけれど、葬儀社の人はきちんとしてくれた。

RIMG0051.JPG

RIMG0056.JPG

RIMG0057.JPG

RIMG0059.JPG

RIMG0068.JPG

RIMG0084.JPG

そして、浜松町で弟たちと別れ、

私は、とにかく何も食べていなかったのでお腹がすいていた。

期待せずに入ったお店で久しぶりにとんかつを頼んだ。

DSC00020.JPG

DSC00022.JPG

これが、久しぶりにおいしかった。

とんかつは好きだが、これくらいの肉の厚さがいい。

衣は、もう少しさくさくとあったほうがいいけれど、

これくらいだと油も吸ってなくていいのかなとも思った。

はじめは、ついていたソースを少し付けた。

おいしかったので塩で食べた。

レモンをすこしかけたらもっとおいしかったのに。

久しぶりに塩で食べられるとんかつだった。

豚肉の油もさっぱりしていておいしかった。

DSC00026.JPG  DSC00024.JPG

ケーキでもと思ったけど、めずらしくアイスココアを頼んだ。

これがまた、べらぼうにわし好みで美味い。

とろっと濃いココアは、今時なかなかお目にかかれない。

本当に幸せな時間だった。

 DSC00025.JPG

お店の名前を覚えておかなかった。

そして、秋葉原へ向かった。

ライヴハウスについた。

テーブルの上にセッティングされている機材が

小さな赤いライトを点滅させている。

その様子が、火葬されて出てきた時を思い出させた。

それもきれいだと思った。





共通テーマ:blog

2015.10.03 (土) 前夜.... [日 記]

そんなことで まず、

10/3()この日は、とある講習があるので土曜日ながらお休みを取っていた。

深夜の仕事も 利害の一致で交代してもらえた。

740分頃に家を出た。

講習を終え、買い物をし、

明日、棺の中に入れる花を頼んでから

14時頃に一旦帰宅、葬儀社からの連絡を待つ。

その間に 弟からメールで

母の誕生日や本籍(これは、住所と違うので)をわからないので聞いてきた。

とはいえ、聞かれたところで私もよくわからないのだ・笑。

金額が出ましたと言うので その先のローンの審査を待つが

なかなか連絡が来ない。

出かける40分前に 仕方がないのでこちらからかなりせかせたら

出かける15分前に メールが来たので審査のために いろいろと入力した。

審査に通ったとメールがきたので安心して

すぐに出かけた.... 秋葉原へ。

『佳子、ついてこいよっ』と思うも やはり存在を感じない。

それにしても こんな自分は、どれほどわがままなのだろうか?

母ちゃん、すまん。

と思いながらも 楽しみでわくわくしていたのだ。

ステージ脇のいつものところに固定カメラを置かせてもらった。

普段はそこに人が来ないので

日本茶と柿ピーを買って こっそりと母の席にさせてもらった。

ライヴが始まる頃には、そこにも何人かが座りだした。

『まぁ、いいか、寂しくなくて』と思った。

IMG_0135.JPG

『このGOODMANは、照明がすごくきれいなんだけど、煙草臭いのが辛いんだよ』

と、ことあるごとに心の中で自分なりに解説をしていく。

こんな世界があるんだと言うことや こんな音楽があると言うことを知ってもらいたかった。

私の愛する人や格好いい人やきっと不思議だと思える音楽や

ほぼ触れ合うことのないだろうパフォーマンスを見てほしかった。

途中途中、私は母のことをすっかり忘れる瞬間があって

でも、そんな時こそ、不思議とすぐ近くにいるような感覚にもなった。

死んでしまうということは、そんなことなのかもしれないとも思えた。

私は、さほど泣くこともなく、ただ時折現実を実感すると少し涙目になった。

昨日、霊安室からの帰りの電車の中で

先日、ベアーズで聞いた山本精一さんの「時には母のない子のように」の歌を思い出していた。

子供の頃、よく誰もいない部屋で歌っていた。

実のところ、私は母が嫌だった。

何ではわからないけれど、性に合わなかったのかもしれない・笑。

母が帰ってくる気配がすると吐き気まですることがあった。

特に声がなんとも感にさわった・笑。

申し訳ないことにいつしか声がする時には耳をふさぐようにもなっていた。

前世で何か因縁でもあったのではないかと思うほどにきつかった。

脳梗塞で倒れ、その声も出なくなり、聞こえなくなっても

時折、テレパシーのように脳に直に聞こえてくるのはあの声のままだ。

子供のころからずっと、そんな背徳の心でいたものだから

家から出られるような仕事を受けたりした。

たとえば、競艇の選手や自衛隊とか・笑。

小学校の時の担任が、話半分で

「自分たちに子供がいないので養子にください」と言った時には行きたかった。

そんな母へのいろいろなことを言ったある時、

同僚が「母親だからって、嫌いだって思っても良いんじゃないの」といってくれ、

この一言で 心はすごく軽くなった。

『そっか、嫌いだけど、恩はある人なんだ』と

自分のせいでいろいろと苦労をさせたのだから。

小学校の頃に 近所で赤ん坊の連れ去り事件があった。

魚屋をしていた母が、子供のいないはずの女の人が赤ん坊を抱いていたのはおかしいと

警察に確認するように言ったことがあり、それで犯人が見つかった。

一旦学校へ行くが、学校でそのことでいろいろときかれたり言われるのがいやで

黙って家に帰ってしまったことがあった。

小学校は、児童が一人いなくなったので大騒ぎになっていた。

私は、当時は平屋だった家の屋根に上って空を眺めていた・笑。

二階の窓から、隣のおばさんが「あら、かよこちゃん学校は?

と言うので あらかじめ用意してあった金槌で木の所を叩くふりをして

「うん、屋根を直しているからいいの」といった・笑。

このおばさんが、とろいというか今で言うところの不思議系だったので

「あら、偉いのねぇ。気をつけてね。」ですんでしまった。

その後、家に帰ってきた母にしこたま怒られた。

ある時には、その町の商店街の名物料理と言うことで

徳光さんの番組に出て テレビに映ったりした。

「料理も気になりますが、色っぽいおかみさんですねぇ。」と言われていたっけ。

母は、料理上手で通っていた。

一切習うこともなく、惜しいことをしたものだ。

ライヴ中、目の前のライヴを聞きながら

母を忘れたり、いろいろと思い出したり、なんだかとても不思議な感覚だった。

三脚等があまりにも重いので秋葉原のコインロッカーにおいて置くことにした。

翌日のために臨海斎場への行き方をプリントアウトしたり

バッテリーを充電したり、着ていく服を用意して

結局、そのまま秋葉原へ行くので 普段着で黒っぽく。

かばんは、赤だったりしました。

非常識ですまん、母よ。

DSC00009.JPG







共通テーマ:blog

2015.10.02 (金) 残心.... [日 記]

RIMG0013.JPG 
2015102日、午後1215分死亡確認。
母が、他界しました。
会社に特養から、心肺停止の連絡が来た。
まず、病院に搬送され、不審死としてそこに警察官が来ました。
その日の午前11時ごろに看護師さんが歯磨きをした時には元気だったそうで
12時ごろに遺漏のセットに来た時には、顔面蒼白ですぐに蘇生処置が行われた。
救急隊がきて やはり処置が行われたが心臓が動き出すことはなかった。
通常30分のところ40分の措置をほどこしたがだめだったと言う。
毎回通っていた遺漏のチューブを交換している○○病院、そこで母と対面した。
眠っているようにきれいな死に顔をしていた。
頭を撫で 頬に触れ、首に触れる。 もう、冷たくなっていた。
弟が来るのを40分くらい待つが、あとで霊安室へいけるというのでやむなく警察署ヘ見送る。
車が出る時になって 弟が来た。
それをみかけた担当の警察官が車から降りてきてわざわざ挨拶をしてくれた。
自分は、このところのどの調子が悪く、空調などでも急に咳き込んだりするので
病院の自販機でマスクを買った。
なぜだか、1つのところが2つ出てきた.... 得したのか....
RIMG0008.JPG
近くのサ店で、父・私・弟・弟の嫁でいろいろと話した。
妹夫婦は、不在だった。 (妹のだんなのお父さんが癌で見舞いに行っていた)
葬儀は、火葬のみ、墓は祖父の代でかなり大きなものを買っていたので
そこに入れるとのこと。
墓の下は、大人が立てるくらいに大きく、まだまだ余裕があるらしい。
昔、じじばばが変に自慢していたことを思い出した。
移動先の○○警察署に行った。
しばらく待たされ、安置所に行くと検死のために服を着ていないだろう母が
布に包まれ、白い布が顔に掛けてあった。
弟が顔を覆っていた白い布を取る。
3人で 母に触れ、焼香した。
弟の嫁が、すごく泣いてくれた。
実のところ、母はこの嫁をあまり好きではなかった。
なにが気に入らなかったのかはわからないけれど.....
まぁ、弟のことはかわいがっていたから、そんなものなのかもしれないね。
私も少し涙目になっていて それを見た警察官は少し目をこすっていた。
私たちが来る前にも ほかの現場に行っていたというから
本当に大変な仕事だと思うよ。 お疲れ様です。
警察署の駐車場に面した安置所は殺風景だった。
ただ、特養の母のいた部屋からしたら、かなり静かで寝やすいだろうと思った。
その部屋は、4人部屋でほかの人たちはそこそこぼけていた。
四六時中、なにやらつぶやいているばあさんやら寝息のうるさいばあさんが2人。
母は、脳梗塞で右側が動かず、失語症になっていた。
ただ、言葉はほぼわかっていたし、不慣れな看護師に支持したり、
点滴の速度も自分で調整したりすることができた。
少し神経質な部分のある母は、結構辛かったのではないかとも思う。
私の記憶の中の最後の母は、遺漏のチューブ交換を終えて
特養に帰ってきてからのお決まりの別れのシーンだった。
動く左手でバイバイとしながらも いつものように少し涙目の笑顔だった。
母の日に贈ったブリザードフラワーは、
看護師さんたちの大雑把な扱いでかなり壊れており、
「ああ、やっぱりケースないとだめだね。ぼろぼろじゃん。」と笑っていうと
母もあきれたように笑っていた。
次は、12月だったのでその時にまた別のブリザードフラワーでも持っていこうと思っていた。
帰る時に 動かない右手と動く左手をちょっと握る。
どちらも 結構冷たい。 それよりももっと冷たいなぁと思い出す。
さて、私といえば、こんな状況になってから
『まじか、今ですか、佳子(母の名前/よしこ)よ』とずっと思っていたのだ。
それは、翌日・翌々日の予定が詰まっていたからだった。
これは、日ごろ親不孝にしていた自分への最後のいやがらせだろうか?
とも思い、甘んじて受けねばならないかも.... と半分覚悟しつつ、
『どうにかならんものだろうか?』とも思っていた・笑。
母たちが元気な時に
「私は、葬式の日にライヴがあったら、葬式でないから、ごめんね」
と、何度も言っていたことも思い出した。
『もしやこれは普通ではありえない起こりえない私の希望をかなえてくれたんじゃないのか?』
と、ものすごーーーく自分勝手に解釈した。
つくづく、極楽トンボなのである。
『いつもの自分の行っている場所ややっていることを見てもらおう』と思った・笑。
佳子を引きずり回してみようと思った、せめて魂だけでもついて来いやぁって感じで。
意を決して、警察を出る時に翌日のことを弟たちに頼んだ。
帰宅してから、葬儀社を探した。
とりあえず火葬のみ、弟たちは区民葬とかもあると教えてくれた。
10/3は、警察から検死の時間と迎えに来る時間を聞いて
頼んである葬儀社と書類の制作があったのみ。
時間もそこそこ不明だったので 休みを取った弟にそのままお願いした。
費用を私が一人でローンで出すといったので
弟も妹も あとはほぼ言いなりで助かりました・笑。
まぁ、働けるうちが花なので しかも大恩あるしね、やってやりますよ。
今までありがとうって。
ただ、ずっと不思議なのが、死んで間もないのに
母の残心というか、なんかもうすでにそこにいる感じがまったくしなかった。
まぁ、死ぬというのがよくわからないので そんな感じなのかなぁと思うけれど。
帰宅してから、かなり不謹慎なことを思ったのは
例の彼氏が迎えに来たのではないかということだった。
死に顔の穏やかさときれいさ。
数日前に 父が面会に行った時も ちょっと咳き込むもとても元気だったという。
もしも、そうだったとしたら 私はむしろ、よかったと思えるけど。
父には悪いが、むしろ、うらやましいくらいだ。
RIMG0001.JPG
病院へ向かう空の青さの美しいこと....







共通テーマ:blog

2015.09.06 (日) [日 記]

以前、もしもの場合の話として

「助けを求めている見知らぬ人間よりも飼い猫を先に助ける」

という話を同僚としていた時に

「やっぱり、猫より人間が先だよ」といわれた。

わしは、躊躇せずに「飼い猫に決まってるでしょ」

というと「まぁ、ペットは家族同様というからそうなるのかなぁ。」

と彼女が納得しようとするので

「いや、私は家族というよりも猫は猫として

 見知らぬ人間よりも飼い猫を猫と認識して優先するんだよ。」といった。

「ええっ、それはダメでしょ。人間が先だよ。」という彼女に

「だいたい、助けを求めているからといって

 絶対に助けなければならないってことはないと思うよ。

 しかも、自分を犠牲にしてまで。そんなのは情がなくちゃできないよ。」

そして、もっと前の話。

妹とニュースを聞いていた時だった。

大雨で河を見に行っていた親子のうち子供一人が河に落ちた。

そこを通った警察車両に助けを求めたがその警察官たちは、

目的地である土砂崩れの現場へ向かってしまった。

「なんで助けてあげないんだよ、警察のクセに。」と妹が言った。

「当たり前だろ、なんでそんな危険なところに

 子供連れで行った奴を助けなきゃなんないんだよ。

 土砂崩れで助けを待っている人たちがいるのに。

 それにそんな濁流に落ちていたら、もうずっと下流まで行っちゃってるし、

 そんなに助けたかったら父親が自分の責任で死ぬだろうけど、

 河に飛び込めば良いのに。」

「だって、この父親泳げないんだって言ってるじゃん。」と妹。

「泳げないなんてこと考えずに本当だったら飛び込んじゃうものだよ。

 だいだい、泳げもしないくせに守れもしないくせに

 そんな小さな子供をそんなところへ連れて行くこと自体がおかしいんだよ。」

「助けなければならないのではなく、助けたいと思えるかどうか」

それは、その人の自由であると、わしは今でもそう思う。

もちろん、その場を去ってはいるけれど、

ちゃんとほかの人に連絡はしていますよ警察だから。

先日、電車の中でふと浮かんだ言葉。

 間違いは、間違いだと気づいた時に訂正すればいいのです。

 多少、困難であったとしても

 気づいてしまったのなら、訂正すればいいし、しなければなりません。

 けれど、気づかなかったのなら

 それは、正しいことになるのです。

 それを情というのです。

 これは、結婚という契約に関しての思いです。


 

私は、見つけてしまったあの景色をあきらめないだろう。

たとえ、どんな非難にあおうとも心の罪になろうとも

私は、あの景色を見つけてしまったのだから。

この人生の中でこれほどまでの執着は今までにはなかったから。

一つの覚悟として 一つの望みとして

私は、心の中の私たちは、

私の願いを叶えてあげたいと思うのです。

R0023467.JPG



共通テーマ:blog

月と心と我がままに...  [日 記]

月が好きだ。

今の季節は、角部屋なので

時間によって 窓とべランドから 月が見られる。

その月を眺めながら寝られる。

建て直す前の平屋の時も

縁側に座って 月を眺めていた。

「いつか、こんな贅沢な空間にはいられなくなるんだろうなぁ」

と、ぼんやりと思っていた。

 形は変わってしまったが、

今もその贅沢はささやかなバランスで続けられている。

どんな時にも 月は私を見ていた。

悲しい時にも 涙が出て仕方がない時にも

憤っていた時にもニコニコとしていた時にも

そこに月があると どんな時にも心が慰められた。

いろいろな心で月を眺めていた時に

「この月は、みんなが見ていて

人それぞれの心で見ているんだろうなぁ」って思った。

そんなふうに思うと 激しい気持ちが和らいだ。

そして、自分だけの月がほんの少しほしくなった。

 ・

 心を月にたとえると月の満ち欠けに移ろいやすいので不吉だ

と、いうことをいわれるけれど(白鳥の湖でのワンシーンとか・笑)

それは、まったくの勘違いだろう。

ただ、その一部が見えないだけで 月は丸いままなんだから.....

人の心も同じで 見えないから わからないから

だから、ないと思ってしまうことがあるけれど

見る視点を変えると そのすべてはそのままに存在している。

 ・

ブラックラズベリーを収穫していた時、

一方から見ると収穫できる実はなかった。

けれど、斜めから見たり、横から見ると実はたくさんなっていた。

その時に 物事はいろいろな角度から見るべきだと実感した・笑。

人生、何事も学ぶことは多いんだね。

そして、すべての行いは、その一つではなく、多くの景色を含んでいるわけで

それに気づけるかどうかは、得した感程度でしかないのかもしれないけど、

たとえ、知りえなかったとしても

知らなかったのだから損もしていないわけだ。

私は、一白水星なので 本質は水。

水は滞ると腐るということから

本来は、実家から早くに出なければならないらしい。

一度、建て直す時に一人暮らしをしただけで

ローン返済を担って 再度実家に戻った。

そこのところを踏まえて

20歳頃に頭に響いた問いかけに対する答えをこのごろ感じることができた。

さて、

私の気違いたるゆえんの一つの幻聴のことだ。

その時がはじめてではなかったけれど

それらは突然に頭の中に響いてくる。

風呂に入っていた。

髪を洗っていた時だった。

例のごとく声がした・笑。

『水は、なぜ上から下へ落ちるのかわかるか?』

「えっ、えっ、何?」

思わず振り向いてしまった。

驚く間もなく、そのじいさんの声は頭の中へ直接響く、

『水は、なぜ上から下へ落ちるのかわかるか?』

「知るわけないだろっ」

と、半ばこんな時にうるさいなぁと思いながら頭の中で応えると

『それは、おまえたちがそう考えるからだ。

だから、水は上から下へ落ちるのだ。』

そして、ラップ音と共にその声は消えた。

自分が水であるならば、

私は沸騰して水蒸気となって天に昇り、

雨となって地に下りて...

自ら巡回してやろうと思った。

この頃、へこたれる時もあるけれど

妙に 自分の中に何かパワーを感じることがある・笑。

更年期だからか?

この年になって 『わがまま』という言葉が心に響くのだ。

『わがまま』であれ、君よ。

我がままに その心に響く行いをしてほしい。

決して後悔のないように

もう、充分に一人の人の抱える分の悲しみは抱えているのだから。

いつも満月でいるのは疲れるのだ。

たまには、まったく見えなくなっても良いではないか。

ああ、それにしても やっぱり宝くじに当たりたい・笑。

今、ほしいものがある。

とっても高くてとっても必要な大切な...

私は、それを見つけるために今に生き残ったんだと思える。

R0023403.JPG



共通テーマ:blog

2015.05.06 (水) [日 記]

連休になった頃から、のどがイガイガし始め、

ついに声がほぼ出なくなってしまった。

とはいえ、日中も深夜もお仕事が入っている。

日中の仕事では、電話には出られないので入力等のみをさせてもらっている。

もしわけない。

さて、Pをどおしたものかと思うがとりあえず店へ行った。

ほぼ聞き耳を立てて聞こえるくらいの声で現状を伝えるが

「うん、そう、声が出ないのね」というがそのままレジへ・笑。

通常他の人がいろいろといってる

「いらっしゃいませ」や「ポイントカードをおもちですか?」「○○円です」等は

ほぼ何も伝えられない。

はじめに年配の方で目を見て伝えようとするが

マスクでより聞こえにくくなっていてなかなかわからず、

相手も耳がやや遠いらしく・笑。

「まぁ、ごめんなさいね。お風邪早く治るといいわね」と言ってもらい、

かなりやる気が出た。

頭の下げ方や身振りを少し大きめにして

意外なほどほぼ無言でかなりさくさくとこなせた。

お客さんはみな自ら表示をみてお金を出してくれる。

数える時やその他で先方にアイコンタクトをすることで

いろいろとこなせるものだとむしろ感心してしまった。

マスクをしていても目が笑っていると

相手も微笑んでくれるものなのだと思った。

この仕事は、かなりいろいろと勉強になる。

本当に無言なのでクレームとか入っていないのだろうかと気になる。

たまには、怪訝そうな人もいるけれど、

ほぼみな「お大事にね」「大変ね」「風邪ひくとつらいわよね」

などなどといってくれるのだ。

「ああ、この人たちにちゃんとありがとうございます」

といいたいと心から思った。

.... 自分は、なんていい人なんだろうと... 思ったりした・笑。

無理して声を出すと壊れたラッパのようにへんてこな声が出る。

今日は、本当にかすかに静かな所だったら聞える声が出てきたけれど、

声を出すともの凄く咳込んでしまう。

5/4は別の人と変わってあげたので代わりに

5/18に休んでかなりいろいろと無理をして(笑)、大阪へ行くことにした。

禁断症状が出てきたからだ・笑。

通常の夜行バスでは日曜日が深夜仕事なので間に合わず、

早朝のバスにしたけれど、

7時に東京駅か... 起きられるだろうか? 

むしろ、午前一時ごろに風呂になど入っていたら

そのまま起きていて、行ったほうが安全かと思われる。

どうにか何事もなく、間にあえたらいいなぁ。

風邪なのだとも思うけれど、咳ではなく、くしゃみの感じはアレルギー???

2015.05.06.JPG



共通テーマ:blog

2015.04.13 (火) [日 記]

休みをつなげて どうにか部屋をほぼ片付けた。

ロフトベッドにとりあえず下のものをざっとのせて

片付け始めたので下に寝ることになった。

ロフトベッドの上では

連日暑くて目が覚めていたので大丈夫かと思っていたら.... 

このところの寒の戻りで寒くて仕方がない。

配置換えをしながら都度変更していきながらしていたのだけれど、

昔の勢いがまったくなくなっていて(笑)、

思いのほかに進まない。

パソコンの配線も面倒だ。

ほこりっぽくなっていたので一体型のパソの裏をはずして

エアースプレー等で軽く掃除もした。 

できたら21型の分裂型がほしい。

いろいろを尽く捨てていこうと思うもそれほど捨てられるものもなく、

あとはどううまく仕舞い込めるかかもしれない。

ほこりで鼻がずるずるしているのか、

寝冷えをして風邪をひきかけているのか.... よくはわからないけれど、

明日は久しぶりに田中泯さんの踊りを見に行く。

NHK「まれ」での泯さんの爺さんぶりは

日ごろplan-Bでお見受けする印象との違いに驚く・笑。

ただ、

『際立つってめだつわけでもないけれど、只者ではない一言一言の重みがある』。

泯さんや淋さんの踊りを見た後、階段を上り

plan-Bを出たあとの不思議な凛とした心持ちを感じるのが好きだ。

2015.04.14.JPG



共通テーマ:blog