So-net無料ブログ作成

空の.... [空]

空を見ていた。

太陽が、雲に隠れてゆくと

それまで まぶしくて見えていなかった

雲の層の繊細な起伏が浮き立ち、

細い雲の切れ間という切れ間から

光が放射線上にあふれ出た。

夕日を探して追いかけて行きたくなる、瞬間....

2014.07.27.JPG

京都のビルの隙間の光....



共通テーマ:blog

23時の睡魔 [・・・♪]

R0021355.JPG

この数ヶ月間は、本当に毎日眠い。

それまでは、夜中の3時ごろまで起き、8時に起床し出勤していた。

それが、いつの頃か、もう23時どころか21時にも寝てしまう。

我慢とかそうゆうレベルではなく倒れるがごとくに寝る。

魂が抜けるがごとくに寝る・笑。

そして、気がつくと夜中の3時ごろ。

テレビも電気もつけっぱなしで寝てしまう。

ある意味、寝るべき時間に寝るのだから身体にもいいのかもしれない。

けれど、そうなるとやっていたことが何もできない。

すべてが滞っている。

R0021283.JPG

...ということで 

皆様、ごめんなさい。

どうにか、やり遂げますので....

R0021284.JPG

と、こっそりと 言い訳....



共通テーマ:blog

2014.07.02 [日 記]

夏になると床で寝るようになって何年たつだろうか。

冬場は、組み立て式のロフトベッドに寝ているので

暑くなるととてもじゃないけれど、寝てはいられない。

それで、床にタオルケットやらを敷いて寝ている。

快適ともいえるし、そうでもないともいえる。

今年になっての床寝は、枕の高さが合わないようでちと不快だ。

そして、自らのぜい肉のクッションの弾力の低下もあり、より不快だ。

以前は、いくら椅子に座っていても 尻が痛くなることはなかったのに

年を経るごとに 直に床に座っていたり、椅子に長く座っていたりすると

尻が痛くなるようになってしまった。

やせて尻の肉が減ったのであれば良いものの、

体重は減らず、自らのぜい肉の弾力がなくなったのだと痛感した。

本当に無駄な肉になってしまったわけだ。

なので、仰向けで寝ていると尻が痛くなる。

けれど、横向きになると首に負担がかかる。

厚手のタオルケットをくるっとまいて枕にして高さを調整する。

今朝も例の如くに 変に早く寝てしまい。

5時ごろに うつらうつらとぼんやりと起きる。

はじめのころは、もったいないのでそのまま起きてみた。

そうするとまた午前中に眠たくなってしまう。

所在なく、寝ころがったままで腹筋とかふくらはぎを伸び縮めしたり、

うだうだと転がっている・笑。

先日の野良仕事の時に トンボやモンシロチョウやアゲハ蝶、シジミチョウなど

昆虫たちが結構訪ねてくれた。

カラスも物珍しそうに 頭上を飛び交ったりする。

いつだったかは、篩をかけている本当に目の前に

どこかから拾ってきたのだろうクッキーをぽとっと落として行ったりした。

さすがに食えない・笑。

小銭でも落としてくれたらいいのにと思ったりした。

はじめてこの『庭』と呼んでいる屋上で鉢植えを植えだしたころ、

6羽くらいのカラスたちが見物に来てくるっと四方の手すりに止まっていた。

そのカラスたちは、互いに何やら話しているのだろう、

双方に向かってカァーカァーと鳴きあいながら見ていた。

カラスは大好きなので 意外と嬉しかったりする自分である。

通勤途中にも ゴミのネットのあたりにいるカラスに話しかけると

不思議そうに 瞬きをしてこちらをみる。

目線と同じ高さのところに止まっていたりすると

こちらが近くに行った時には飛び立とうとするので

すかさず「おはよう」と声をかけると 飛び立ち損ねてずっこけたりする・笑。

「へへっ、ごめん」とわざとやっては謝ったりした。

そんなこんなで眠たい日々なのです。



共通テーマ:blog