So-net無料ブログ作成
検索選択

去年の暮れ頃の夢のお話 [・・・♪]

 
・・
 
20140125.JPG
 
 ・
去年の暮れ頃、夢を見ました・笑。
 
仕事を終えてから行ったので遅れてついたライヴ。
 
あわててライブハウスのドアを開けると中は何かの展示即売会場のようになっていて
 
かなりの人が各展示物の前でたむろっていた。
 
『あれ、間違えたのかな?』と
 
入り口の看板を見てもちゃんと演奏予定のバンド名が書かれていた。
 
なにはともあれライヴ自体はまだ始まっている様子がなかったので
 
私も息を整えつつも会場を見て回った。
 
オークション形式で売られる様子でその展示物は、
 
一部マニア向けのものばかりで(笑)、なんともいえないものばかりだった。
 
たとえば、「灰野敬二、毛髪1本」と本物かどうかわからないようなものが1本だけ、
 
ガラスケースに入れられていたり、
 
「大友良英、〇月〇日、〇〇にて使用中に切れたギターの弦」とか、
 
私が名前しか知らないバンド名やアーティストの私物的なものなどだった。
 
『ふーむ、なんともいえないものばかりだなぁ。』と
 
あきれつつも早くライヴが始まらないかと思っていた。
 
奥のところで数人が商品説明の札に見入ってぶつぶつと話し込んでいた。
 
2mはあろうかというような白いベニヤ板でつくられた縦長の箱があった。
 
『うわっ、でかい』なんだろうかとその箱の商品名を見て驚いた。
 
≪山本精一≫とだけ書かれていた。
 
そして、注意事項として赤字で
 
「この商品は、繊細なため取り扱いに細心の注意が必要です。
 
大変やっかいではありますが損はございません。
 
ご落札頂いた後のご返品は一切受け付けられません。
 
ノークレーム・ノーリターンでお願いいたします。」
 
『えっ、本人?』としばし固まった。
 
『いくらなら買えるんだろう。』と、ふとマジに考えて
 
しばらくすると私一人だけしかその箱の前にはいなかった(笑)。
 
『まっ、ないか、そんなこと』と思った時、
 
コトッと中から音がして、すごくちいさな咳払いが聞こえた。
 
まごうことのない神の声に 『えっ???』と耳をそばだてると
 
また、その箱の前に何人もの人だかりがしていてざわざわとしている。
 
 
 
 
結局のところ、悩んでいる最中で目覚ましによって起こされたわけですが。
 
病んでますねぇ、わし・笑。 
 
 
 
 
 


共通テーマ:blog

人生は、転がるものらしい [・・・♪]

20140120.JPG

魂というのは、もともといびつに生まれてくるものらしい。

それが、生きるという転がる事でゆっくりと角が磨かれて丸くなってゆく。

ただ、どこかに不本意にぶつかっては、

別の凹みができてしまったり、欠けてしまったりして

丸くなるばかりではない。

ただただ、転がり続けるのが人生らしい。

たまにどこかに引っ掛って転がれなくなったりすることもあって、

それというのは、たとえば病気で転がれなくなった場合とか。

ずっと、意識もなくなった時なのかもしれない・・・・・・。

その魂がいびつであればある程、回転は複雑になる。

あっちへ曲がり、こっちでぶつかりする。 なんどもなんどもぶつかる。

けれど、回転が複雑で多ければ多いほど、

実はみごとな魂(たま)に仕上がる。

そして、ごく稀に

はじめからつるつるの丸い魂(たま)で生まれてくることがある。

その場合、するすると転がってしまうので

その人生を終えるのも早い。

電車の中で 転寝をしていたら、

シリアスなナレーション付の映像でこんな内容のものが頭の中でやっていた。

最後の一行(言葉)に ドキッとした。

こんなものをたまにボケーーっとしている時、

頭の中で映像やら言葉やらでやられるのは受ける側として結構大変で面倒だ。

ある意味面白いんだけど、内容がハードな時もあって....

そして、こむずしいものになると忘れてしまう。

ずっと昔に何かで見聞きしたことなのだろうか?

とも思ったりするのだけれどね。



共通テーマ:blog

空のように 全体を包める人でありたい.... [・・・♪]

R0019600.JPG

人の振り見て我が振り直せ....

を、実感することに最近出会った。

常々気をつけているようでも

その時になると、夢中になってしまって忘れてしまうこともある。

「その場のその瞬間のベストを尽くせ」と頭の中では別の自分が諭すのだが

どうしても もう少し、もう少しと欲が出てしまうことのほうが多い。

R0019609.JPG  

せっかく楽しみに来ているはずが、大人気なくも無駄に不快になってしまった。

1mくらいしか離れていないのにストロボ(?)を何度もたく、

暗い照明なのに、また、たく。

光の点滅もかなり精神的に駄目なのだけれど、

このフラッシュの光には攻撃性を帯びてしまうほどに不快でだめだ。

それを我慢していてめまいがして気持ちが悪くなる。

R0019604.JPG 

客席にいていつからか気づいたのだけれど、どうも握手の音も駄目なようだ・笑。

でも、これは我慢せねばならないわけでひたすら辛抱するか

耳をふさいで耐えるしかない・笑。

R0019622.JPG

  そして、のりのりのお客さんからガンガン押されてもこれも辛抱は当たり前。

最前にいる者の覚悟なわけだから....

ただ、すごく楽しみにしていた人がその人のせいで全く見えず、

その人が当たり前のようにステージ脇に後から来て

後ろのお客に一切気を使うでもなく、

突っ立って仕事然(まぁ、仕事なのだろう) としてストロボをたいている....

R0019623.JPG

  次第に腹立たしさもあり、

ステージの楽しい雰囲気でさえ消え失せてしまい。

かなしくなってきていた。

次に客として出逢って同じ目にあったら絶対に抗議するだろうなぁ。

そして、ふと考えた。

「わしのせいでこうして不愉快になるお客をつくらないようにしなければ、

でもしているんだろうなぁ。どんなに気を使っている気持ちでいても。

存在だけでも嫌だと思われることもあるだろう。」

と、、、

R0019625.JPG

  何が信じられないかというと名前なんだかわからないけど

写真撮る時に被写体に赤いライトが当たるあれを使っている....

「ああ、この人は素人なんだ」と思うことで心を納得させた。

誰かは分からないのでそう思うことにしてみた。

その前のバンドのカメラマンは、低くしゃがんで自分が来た時に後ろの人を気にしていた。

その人を見た時には「そうだよなぁ、偉いなぁ。」と感動していた、

そんな後だったからなおさらだった。

でも、かなりぶつぶつ言っていたと思うわし....

『おまえ、素人か。それはないだろ。いい加減にしてくれよ。』

聞えてしまったかどうかわからないけど。

呪いのようにつぶやいてしまいました・笑。

以前、思うところあってオトトイのライヴ写真講座に少し通った。

シギー吉田さんの講義だった。

自分は、ライヴ写真のプロになろうというのではなかったけれど、

撮れる機会があって撮らせてもらうのだから

少しでもうまく格好よく撮れるようになったらと思った。

シギーさんは、自分の経験や思いを惜しげもなく語ってくれていて

あらためてビデオを撮りながらだけれど写真を撮ることを大切に考えようと思った。

その講習からそれまでにも思っていたお客側からの撮っている人への不満を

自分がライヴに行っていて思った大きいホールでの

カメラマンたちのお客への態度や撮っている姿勢を思った。

自分の好きなアーティストを格好良くきれいに撮ってくれている人たちという意識と

ライヴ中にとてつもなく邪魔な人たちという意識とのギャップを思った・笑。

R0019626.JPG

  自分の前の空の景色、

 自分の後ろの空の景色、そして左右の空の景色、

連なっているのに全く違う。

その部分部分で違う風が吹いているからなのだと

きれいな空を見て考えた。



共通テーマ:blog

夜と昼のあを [空]

 

 

 

 

 

 

R0019580.JPG

 

 

 新年ということで 早く帰れるのがうれしい....

まぁ、今日までだろうけど。

そうすると こんな時間の空が見られる。

こんなあをい色の空に ぽつんぽつんと街灯がともっている景色が好きだ。

夏と違って 蝙蝠が飛んでいないのが

すこしさびしいけれど....

 

 

 

クリスマスシーズンのイルミネーションというものは

どうも苦手だ。

色彩が騒がしくて うっとうしく感じられる。

樹に巻きつけてあるものは、みているだけで

なんとなく圧迫感というのか窮屈に感じられる。

こんなことを思うようになったのは、いつからだろう。

樹の植え替えとかするようになってからだろうか?

とはいえ、枯らしてしまったりそれほど手間かけたりしていないのだけども。

原宿で 初めてイルミネーションを見た時には

「子持ち昆布だ」と思った・笑。

 

 

 

 

 

 



共通テーマ:blog

2014年 年賀状 [日 記]

 

 

イメージ (3) - コピー.jpg

 

久しぶりにお習字をしてみたら

意外とよかったので 一発OK。

それを 加工してみました。

 

 

222.jpg

 

 

 

出来るものなのだと感心...

 梅っぽく絵も描いてみました。

 

 

イメージ.jpg

 

 

 

スキャナーで取り込むとしわっぽかったので

こちらも それなりに加工。

 

111.jpg

 

 

最終的には、こんな按配でかわいく作ってみた。

 

 

年賀状.jpg

 

 なにはともかく、

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

皆様に 善き事来たらせませ。 

 

 



共通テーマ:blog