So-net無料ブログ作成

2017.09.25 (月) [日 記]



今日は、遅くなってしまったので

百日紅だけでも

絶対に植え替えようと思った。

日曜も仕事を入れていた期間が数年あり、

その間一切植え替えられず、

どうにか葉が出てくれていたらありがたい状態だった。

そんな年が続き、

せめて液肥でもとあげるようにしていたら

去年、一斉に見事に花をつけてくれた。

それは、今年もだった。

鉢から根が出ていてそこからも水を吸っていたから

花を咲かせるくらいにいたのかもしれない。

隣の鉢まで根が伸びていて

それを切り、鉢から抜いて半分くらい切った。

来年が少し怖い.....

花はいいから、どうにか枯れずにいたらうれしい。


IMG_20170925_151031.jpg  IMG_20170925_144515.jpg


IMG_20170925_144504.jpg


さんざん、鉢から出そうとしても出ずに

手斧でプラの鉢を叩き壊してどうにか抜いた・笑


IMG_20170925_144459.jpg


久しぶりに この小さい貝を見つけた。


IMG_20170924_170121.jpg


なぜか、今頃咲いた、アジサイ。


IMG_20170924_170310.jpg


IMG_20170924_170318.jpg IMG_20170924_170336.jpg


遅くに蒔いたせいで 今頃あわてて花をつけている、

フウセンカズラ。


IMG_20170924_170406.jpg IMG_20170924_170508.jpg


IMG_20170924_171021.jpg ちびのノボタン。


IMG_20170924_171028.jpg


IMG_20170925_163627.jpg


IMG_20170925_163646.jpg


IMG_20170925_163656.jpg


IMG_20170925_163714.jpg


IMG_20170925_163821.jpg IMG_20170925_170227.jpg


IMG_20170925_164312.jpg


IMG_20170925_164331.jpg


IMG_20170925_165228.jpg


IMG_20170925_165233.jpg


IMG_20170925_170221.jpg


日が傾きだした。


IMG_20170925_170304.jpg


IMG_20170925_170311.jpg


ヘリコプターが飛んでいました。


IMG_20170925_170319.jpg


IMG_20170925_170804.jpg


雲って ずっと眺めていられる。


IMG_20170925_170735.jpg


この子は、人が水をまいたり なにかしだすと現れる。

ずっと昔から、代々いるので.....

いつまでいてくれるか、心配だ。


IMG_20170925_170746.jpg IMG_20170925_170749.jpg


木製のベンチも20年近くたつのでボロボロ、

少しずつでも捨てて 外用の椅子を一つ置こうと思っています。


IMG_20170925_171000.jpg


IMG_20170925_171013.jpg


IMG_20170925_171028.jpg


IMG_20170925_171441.jpg IMG_20170925_171449.jpg


IMG_20170925_171457.jpg





昔の平屋の家の時から 百日紅は、庭にあった。


庭の中央には、直径80㎝くらいの平らな岩と

その周りに50から60㎝くらいの岩が数個あり、

丈の短いツツジが、その周りをぐるっと囲み、

燈篭がひとつ。

かなり大きめのわからない木(笑)、

つばき、百日紅、こぶし、カイドウ、菖蒲...

祖父が、人の頭ほどの花をつける菊を作ったりしていた。


そんな庭を掃除しながら、

きっと、私が大人になったら、

こんな庭なんて持てないんだろうなぁとつくづく思った。


縁側に座って

月を眺めたり、夏になるとその縁の下に出てくるかえるの鳴き声を聞いたり

すずめが飛び交うのを見ているのが好きだった。


そして、同居していた叔父が飼っている柴犬を庭に放し飼いにしたため、

庭は、ぼこぼこになってしまった・笑


燈篭の上に登ったり、岩に上っては

くるっとまわってつつじの上に背中から落ちたりして

結局、つつじはばきばきに折れ、

おやつの鶏頭を庭じゅうに埋め、

いたるところから、骨が発掘されるようになってしまった・笑


今、私の庭(屋上)には

百日紅の木が、大小で5鉢ほどある。

はじめに買ったのが、紅色の今一番大きな木だ。

その次に白い花の木を買ったが

これは、すぐにうどんこ病になり、

あまり大きくならない。

そして、薄い紫というか桃色というか....そんな花のもの3鉢。

これは、買ったものではなく

この二つの花からの子供だと思う。

小さいながらも花を咲かせてくれる。


特にものすごく百日紅が好きというわけではなかったが、

私が小学校の4年くらいの時、

台風だったのか、庭の百日紅の木が折れてしまった。

いつものように庭を眺めていてそれに気が付いた。


枝ではなく中心の幹が半分以上折れ、

そのままだと完全に折れて落ちてしまうようだった。

なぜそうしたのかわからなかったけれど、

家の裏に使われずに放置してあったスキー板を持ってきて

いつものように 木に登り

添木のように幹にあてて

何かのひものようなもので

暴風雨の中、濡れながらぐるぐる巻きにした。


数日してから母が

「せっかく、佳代子がやってくれたけど

あの百日紅は切らないとダメみたいなのよ。」

というが、

特に執着があったわけでもなかったので

「ふーん」と答えただけだった。


つるつるの木肌も好きだったけれど、

皮がむけるころに ぺりぺりと剥くのも好きだった・笑


今の彼らも 小さいながら脱皮するので

楽しく剥かしてもらっています。


そんなことを思い出しながらの植え替えでした。







共通テーマ:blog