So-net無料ブログ作成

免許の更新 [日 記]

 ・

今年は、免許の更新のようだ。

以前は、自分の誕生日の一か月前から誕生日までだったけれど、

知らぬ間に自分の誕生日の前後一カ月になっていた。

わしのはじめての就職先がこの免許更新の事務所であった。

はじめは、歩いてすぐの田園調布警察署で

そこがあまりに暇だったので板橋警察署へ移動となり、

本当に忙しくて楽しかった・笑。

土曜日は、午前中だけだったので

200人以上さばくとあっという間に終わった。

警察署で免許の更新ができるようになった最初の

交通安全協会の受付事務員だった。

そこから、鮫洲試験場に移動して

辞める前に身分証明書代わりに

一番安い『小特』つまり耕運機の免許を取った。

しかし、道交法などは覚えていない。もちろん、運転なんてできゃしません。

わしが勤めている間、

期限の切れる人達は皆、

「今日から誕生日一ヶ月前だ、なんて思う人いないわよ。」

と、ぼやいていたけれど、

確かにわしとしては、誕生日の一ヶ月後までのほうが

わかりやすいのではとも思っていた。

ある日、板橋警察署に

免許証が即日交付となるニュースのためにテレビ取材が来ていた。

たまたま、受付の仕事の順番が回っていたのがわしだった。

テレビとかいやだなぁと思いつつ、

仕事をし始めるとそんなことは忘れ去り、

「3年間無事故無違反ですか? 何か変更はありませんか?」

更新に来たおやじに尋ねた。

おやじはなぜか硬直している・笑。

『なんだこの人?』と思うも再度質問するとしどろもどろに返答した。

何人かこなしているうちにテレビに映るという状況を思い出し、

「そっか、あがっていたんだ・笑」と納得した。

そんな訳でテレビデビューを果たしたのは5時のニュースでありました。

わしは、夜のニュースを見ていて「おっ、わしだ!!」と驚きました。

そこには、警察OBの名物鑑識のおやじもいて

その人の初鑑識仕事が

三島由紀夫の頭部を持っての写真撮影であったという。

IMG_20170324_191256.jpg



共通テーマ:blog